膝の痛みはボクシングで発生しますか?

膝の痛みはボクシングで発生しますか?

 

膝の痛みはボクシングで発生しますね。

 

アウトボクサーの方よりも、
インファイターでダッシュが強い方のほうが、
患者さんで来院されるケースが多いです。

 

僕は格闘技が好きですし、
自分でも色々行っていたので、
ボクシング関係者の方も多いです。

 

コマンドサンボなど、
マニアックな格闘技も行っていました。

 

 

ロードワークで痛めることもありますし、
ボクシングそのもので痛めることもあります。

 

ロードワークを過剰に行うと、
ランナー膝と呼ばれる
怪我が起こりやすいです。

 

走り過ぎることによって、
膝を痛めてしまう怪我です。

 

 

それ以上に気をつける必要がるのが、
フックを多用する選手が、
膝をひねってしまうことが多いんですね。

 

ストレート系の方も
膝をひねることが多いですが、
フックタイプの方のほうがひねります。

 

軸足を回転させながら、
思い切り撃ちこむと思いますが、
あのひねりが膝に負担を与えます。

 

膝の関節だけではなくて、
股関節から太もも全体に
強烈な負担を加えてしまします。

 

 

ボクシングを行っている方は、
腰から下全体の治療が必要です。

 

膝だけの治療では足りず、
腰から下半身全体の治療を行うと、
症状が回復しやすいですよ。

 

 

あと、足の裏側がパンパンになって、
膨らんでしまっていることも、
膝の痛みの原因となります。

 

こちらはインファイター、
アウトボクサー、バランス型関係なく、
どのボクサーでも起こりやすいと思います。

 

足裏マッサージを行っておくと、
膝の痛みが回復しやすいですから、
足の裏側はセルフケアしておいてください。

膝の痛みでお困りの方へ