膝の痛みと剣道は関係ありますか?

膝の痛みと剣道は関係ありますか?

 

剣道は、下半身への衝撃が大きいので、
膝の痛みが発生するケースがとても多いです。

 

患者さんでも、
膝を痛めて来院される
剣道家の方が多いですよ。

 

中高生の若い患者さんや、
社会人の剣道家の方に至るまで、
多くの方が膝を痛めてしまっています。

 

 

板の間で行うスポーツですし、
衝撃が思い切り膝に入りますから、
しっかりとしたケアが必要になります。

 

筋肉にも負担が入りますが、
関節そのものにも負担が入って、
関節から痛みが出ている事が多いです。

 

バンっと足を踏み込む瞬間に、
強烈なダメージが膝に加わります。

 

踏み込んだ瞬間の衝撃を減らすために、
ソルボのヒールカップなどを使用すると、
衝撃を抑えることができますよ。

 

 

僕は、剣道を行っている患者さんには、
腰と足の裏側の治療を同時に行います。

 

膝の治療も行いますが、
特に足裏の治療が重要ですね。

 

足の裏側がパンパンになって、
衝撃吸収できないことがきっかけで、
膝の痛みが出ているケースがとても多いです。

 

どれだけ膝の痛みを回復させても、
足の裏側がケアされていないと、
症状が何度も出てくるようになります。

 

足の裏側をしっかりケアすることが、
膝の痛み回復のポイントになりますよ。

 

 

僕は魚の目やタコなどの治療は、
一切行うことができません。

 

行うことはできませんが、
膝の痛みと関係していることがあるので、
病院で並行治療してもらうことがあります。

 

魚の目やタコを放置していると、
体のバランスが崩れやすくなり、
自然に膝の痛みが出てくるようになります。

 

気をつけないと慢性化するので、
早めに改善する必要があります。

膝の痛みでお困りの方へ